育毛剤の効果的な使い方

MENU

遺伝が原因で薄毛になっても育毛剤は効果ある?

遺伝が原因で薄毛になっている人にも、育毛剤は果たして効果があるのでしょうか。これは非常に気になるところですが、結論から言うと、効果はあります。

 

ただ、大きな効果を望むのは難しいかもしれません。遺伝的に薄毛になりやすい人は、ヘアサイクルが早めに正常に機能しなくなるという特徴があります。

 

遺伝が原因で薄毛になっている人は、成長期が短く、毛髪が十分に成長しきらないうちに退行期へと移行してしまうのです。育毛剤は、遺伝的因子を改善することはできません。将来的に改善して、薄毛にならなくするという効果は残念ながらありません。

 

しかし、ヘアサイクルを正常にして、薄毛になる年齢を遅らせたり、薄毛の程度を改善するという効果は、育毛剤にはあります。

 

育毛剤には、遺伝による脱毛を根本から改善する効果はありませんが、薄毛の進行を止めたり、薄毛の症状を改善する効果はあるということです。
遺伝による薄毛というのは、非常に難しく、いまだに根本から改善する方法は見つかっていません。育毛剤には、現状を改善したり、進行を遅くする効果はあるので、遺伝が原因で薄毛になっている人も試してみる価値はあります。

育毛剤と増毛パウダーは併用可能?

最近では、薄毛や地肌の透けを瞬時に隠せる増毛パウダーが人気になっています。増毛パウダーには、スプレータイプやふりかけタイプがあるので、短時間で簡単に薄毛をカバーできるメリットがあります。

 

ただ、増毛用品と育毛剤は併用できるのかというと疑問があります。育毛剤と増毛パウダーを併用すると、逆効果になるのではという疑いがあります。しかし、育毛剤と増毛パウダーの併用は特に問題はありません。

 

ただし、微細繊維状のふりかけには、顔料や繊維を毛髪に付着させるための固着剤が配合されているので、その後に育毛剤を使用すると、育毛剤の成分が頭皮に浸透しにくくなります。

 

そのため、併用する時は、育毛剤を先に使用する必要があります。また、育毛剤は、頭皮が清潔な状態で使用する必要があるので、毛穴を詰まらせる増毛パウダーを併用するというのは、基本的にはおすすめできません。

 

結論を言うと、育毛剤と増毛パウダーの併用は可能なのですが、先に増毛パウダーの塗布は良くないということです。育毛剤の成分が浸透しにくくなるので、増毛パウダーは必ず、育毛剤の後に使用する必要があります。

育毛剤の価格で効果に差はある?

育毛剤の価格で効果に差はあるのでしょうか。

 

実際、育毛剤の価格で効果には差があります。育毛剤には、市販品から通販限定商品までいろいろな商品数がありますが、気になるのが価格です。1000円程度の安い育毛剤もあれば、10000円以上する育毛剤もあります。

 

同じ効果であれば安いほうがいいのですが、高価な商品には、有効成分がしっかり配合されています。

 

有効成分は、育毛発毛に効果があると認められている成分なので、沢山配合されている高価な育毛剤は、それだけ効果が高くなります。一方、安い育毛剤には、有効成分が少なく、安価な商品は、水の配合量が多くなっています。

 

内容量の大半が水分なので、コストを安くできるのです。

 

一概に安価なものは効果が低く、高価なものは効果が高いとは言えませんが、効果の可能性は、やはり有効成分数が多い高価な育毛剤のほうに軍配が上がります。

 

抜け毛の量が気になっていて、薄毛が進行している場合は、安価な育毛剤では役不足なので、有効成分がしっかり配合されている高価な育毛剤がおすすめです。本格的な商品を選んだほうが良いというわけです。

育毛剤の使用量を増やせば効果もあがる?

育毛剤の使用量を増やせば、果たして効果もあがるのでしょうか。育毛剤には、育毛に良い成分が沢山含まれているので、使用量を増やせばそれだけ効果もあがるようにおもいます。しかしそれはよくありません。

 

育毛剤の使用量を増やしても、育毛効果はあがりません。むしろ、副作用のリスクを増やすことになるので、用量と用法はしっかり守らないといけません。

 

育毛剤の効果を最大限に引き出すには、正しい方法で地道に使用するのが一番です。育毛剤は使用量を増やせば効果があがるものではなく、つけすぎは頭皮トラブルの元になるので注意が必要です。

 

定められた用量と用法を守ることが大事なので、多くつけても効果はあがりません。育毛剤の効果をあげるために育毛剤をつけすぎる人はよくいますが、結局、徒労に終わるだけです。育毛剤を必要以上につけても、髪の毛が成長することはないのです。

 

頭皮が吸収できる成分量には限りがあるので、育毛剤をつけすぎても意味がありません。1回の使用で決まった量の成分しか吸収できないので、育毛剤の使用量を増やしても効果があがることはないのです。

育毛剤を使うとネイルやマニキュアは落ちてしまう?

育毛剤を使うとネイルやマニキュアは落ちてしまうのでしょうか。育毛剤を使うとネイルやマニキュアは落ちてしまうのではないかと心配する人は、意外とたくさんいます。しかし結論から言うと、まず落ちる心配はありません。

 

手の爪にマニキュアやネイルでオシャレをしている女性にとっては、育毛剤を塗布する時、気になります。指先でマッサージしながら浸透させていくので、その時、マニキュアが落ちてしまうのではないかと危惧するからです。

 

実際、落ちることはあるのですが、それは、男性用の育毛剤を使った場合です。男性用はアルコール含有量が多いので落ちる可能性があります。女性用の場合、アルコール分は少ないので、ネイルやマニキュアが落ちたり、剥がれてしまう可能性は極めて少ないです。

 

そのため、育毛剤を使うとネイルやマニキュアが落ちてしまうのではないかという心配はほとんどありません。女性用育毛剤はアルコールの含有量が低いので、色落ちしにくいのです。

 

アルコール成分を配合しているので、色落ちする可能性はありますが、目立ってマニキュアが落ちることはないので、心配する必要はありません。

育毛剤を塗布してからドライヤーを使っても大丈夫?

育毛剤を塗布してからドライヤーを使っても大丈夫なのでしょうか。基本的には大丈夫です。育毛剤は、シャンプーをした後、もしくはお風呂上りに塗布するのがベストです。

 

シャンプーでしっかり頭皮と毛穴の汚れを落とせば、育毛剤の浸透を促進させることができます。また、頭皮や毛穴が柔らかくなり、毛穴も開くので、育毛剤が浸透しやすくなります。頭皮を先にドライヤーで乾かしてしまうと、頭皮が硬くなってしまうので、浸透力は低下します。

 

シャンプーをした後、頭皮にちょっとだけ水分が残っている状態でつけるのがベストな方法になります。育毛剤を塗布してからドライヤーを使っても大丈夫なのですが、その際、冷風で髪の毛を乾かすことです。

 

育毛剤を付けると、頭皮だけではなく髪の毛も濡れた状態になるので、乾燥させる必要があります。自然乾燥で問題ないのですが、朝に育毛剤を付けてから出勤する場合や、夜に育毛剤を付けてすぐに寝る場合、髪が濡れていると気持ちが悪いです。

 

そうした時は、ドライヤーを使ってもよく、冷風モードなら問題がありません。但し、ドライヤーで乾かす時は、髪の毛だけを乾かすようにします。

縮毛矯正やパーマをかけている時の育毛剤の使用について

縮毛矯正やパーマをかけている時の育毛剤の使用は、おすすめできません。パーマや縮毛矯正をした直後はアルカリ剤や還元剤の影響により、頭皮が膨潤して過敏な状態になっているからです。

 

そうした状態の時に育毛剤を使用するのはよくありません。縮毛矯正やパーマをかけている時の育毛剤の使用については、効能的には特に問題はないですが、皮膚の抵抗力が落ちている状態なので、使用すると、炎症が起こり得る可能性があります。

 

縮毛矯正やパーマをかけている時にどうしても育毛剤を使用するなら、自分の頭皮の状態をよく確認してから使用する必要があります。縮毛矯正やパーマをかけた後、頭皮に炎症があったり、傷がある場合は、育毛剤の使用は絶対に控えるべきです。

 

特に、パーマ液や白髪染めを使用した時は、できれば、2日~3日ほどは、使用は控えた方がいいでしょう。縮毛矯正やパーマをかけた場合、育毛剤の使用は、少なくとも、数日おいてから使用することです。

 

メーカーも、育毛剤の使用は、縮毛矯正やパーマをした後は、2~3日経ってからの使用を推奨しています。

女性の頭皮が乾燥する原因と対策

女性の頭皮が乾燥する原因は、加齢があります。年齢を重ねると、頭皮も乾燥しがちになります。年齢により頭皮も水分を失って乾燥していくので、エイジングシャンプーなどを使って頭皮の保湿を心がける必要があります。

 

洗浄力の強いシャンプーを使ったり、熱いお湯で頭を洗ったりすることも原因の1つで、頭皮の乾燥が進むことになります。シャワーのお湯の温度も頭皮の乾燥に関係があり、温度が高いと頭皮に刺激が強くなり、頭皮を乾燥させてしまうことになります。

 

シャワーの温度はできるだけ低くして頭を洗うようにしないといけません。シャンプーのやりすぎも頭皮を乾燥させることになるので、シャンプーは1日1回にすることです。1日2回以上シャンプーをするのはよくありません。

 

シャンプーの洗浄成分も、頭皮乾燥の原因に大きく影響しているので、注意しないといけません。市販のシャンプーは、石油から作られたシャンプーが多いので、洗浄力が強すぎます。

 

そうしたシャンプーを毎日使っていると、頭皮を乾燥させてしまうことになります。頭皮を乾燥させないためには、アミノ酸シャンプーを使用することです。女性の頭皮の乾燥対策としては、保湿ができるローションが良く、頭皮用ローションを洗顔後に塗布すると良いです。

長時間効果が持続する育毛剤

長時間効果が持続する育毛剤というのは、果たしてあるのでしょうか。最近では、育毛剤も進化していて、長時間効果が持続する育毛剤が発売されています。

 

市販で購入できる医薬部外品の育毛剤は、頭皮の血行を促すことに主眼が置かれています。血行促進の持続時間は、3時間程度しかないので決して長くありません。

 

育毛剤は、朝と晩の1日2回塗布することが推奨されているので、持続効果は6時間ということになります。これでは、1日の1/4の時間しか頭皮や毛根に働きかけないことになります

 

。頭皮環境改善や育毛発毛効果を考えると、やや物足りなさを感じても仕方ありません。

 

手間をかけずにずっと頭皮ケアができる育毛剤に、ビタブリッドCヘアーがあります。

 

この育毛剤は、1日2回の使用で24時間浸透し続けることが可能です。頭皮ケアに良いビタミンC、亜鉛などを配合しているので、一回の塗布で12時間浸透し続けることができます。

 

朝晩1日2回の使用で、24時間頭皮へ働きかけるので、おすすめできます。

 

朝晩の塗布で24時間継続してサポートしてくれるビタブリッドCヘアーは、副作用なく、男女だれでも使用することができます。

敏感肌が育毛剤を使う注意点

敏感肌の人が育毛剤を使う場合、値段よりも成分を重視する必要があります。敏感肌の人の場合、効果があっても肌によくない成分が配合されていると使えないからです。

 

自分の肌のことを第一に考えて、配合されている成分を重視して選ぶ必要があります。値段を重視してしまうと、肌がかぶれてしまうなど、後でトラブルに見舞われることがあるので、注意しないといけません。敏感肌が育毛剤を使う場合は、返金保証が付いているものを選ぶことです。育毛剤との相性があるからです。

 

敏感肌が気になっているなら、最初から返金保証が付いている育毛剤を購入しておけば安心です。敏感肌の人は頭皮に炎症を起こしやすいので、抗炎症作用のある成分が含まれている育毛剤がおすすめです。グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCなどが配合されている育毛剤が良いです。

 

くれぐれも、ミノキシジルなど刺激の強い血行改善成分が入っている育毛剤を選ばないようにしないといけません。刺激が強すぎるので、敏感肌の人が使用すると、発赤、かゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。